花火大会とは?

花火大会とは

花火大会
花火大会は、夏の風物詩として日本全国で開催されるイベントで、花火を打ち上げて幻想的な夜空を作り出します。
多くの花火大会は、地域の伝統や文化を祝うとともに、人々に楽しみや感動をもたらす目的で行われます。
家族や友人が集まり、食べ物や飲み物を楽しみながら、美しい花火を楽しむ機会となるだけでなく、屋台が出店されたり、様々なゲームやエンターテイメントが楽しめたりするなど、老若男女問わず楽しめるイベントとなっています。

花火大会の起源

花火大会の起源は、日本では江戸時代までさかのぼります。
なお、花火自体の歴史はそれよりも古く、中国で紀元前2世紀頃には発明されていたとされ、その後技術が日本に伝わりました。
日本における花火の使用は当初、宗教的な儀式や祭りで悪霊を追い払う目的で行われていたとされています。

花火大会の具体的な起源としては、1733年、江戸(現在の東京)の隅田川で行われた「両国川開き」が現在の花火大会のはじまりとされています。
これは、飢饉や疫病による死者の霊を慰め、生き残った人々の健康を願う目的で、当時の8代将軍徳川吉宗によって命じられたもので、このイベントは今では「隅田川花火大会」として現在も続いており、日本で最も古い花火大会のひとつとされています。

江戸時代を通じて、花火は庶民の娯楽としても人気を博し始め、多くの祭りや催し物で花火が打ち上げられるようになりました。
これらの花火大会は地域のコミュニティの結束を強化し、夏の風物詩として全国で定着していきました。

現代の花火大会は、その起源から大きく発展し、高度な技術と芸術性を持つイベントへと進化しています。
しかし、その根底には依然として人々を楽しませ、地域社会を祝福するという伝統的な精神が残っています。

「日本三大花火大会」とは

  • 大曲の花火(秋田県大仙市)
  • 長岡まつり大花火大会(新潟県長岡市)
  • 土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)

現代では、上記の3つの花火大会が歴史の深さや大会規模、花火の技術の高さなどから一般的に「日本三大花火大会」と呼ばれています。

また、それとは別に、日本中から集まった花火師たちが腕を競い合う大会である「日本三大競技花火大会」もあり、こちらについては前述の大曲の花火(秋田県大仙市)、土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)に加え、三重県伊勢市の「伊勢神宮奉納全国花火大会」を加えた3つの大会で構成されています。

1.大曲の花火(秋田県大仙市)

国内屈指の「花火のまち」である秋田県大仙市では、一年を通じて多くの花火が打ち上がります。
それらのうち、大曲(おおまがり)地区で毎年8月の第4土曜日に行われ、約18,000発の花火に例年70万人もの観衆が酔いしれるのが「大曲の花火」です。
始まりは1910年、諏訪神社の祭典の余興として開催された「奥羽六県煙火共進会」を起源としているとされ、100年以上もの歴史があります。

大会の一番の特徴は「全国花火競技大会」であることで、総合優勝者には内閣総理大臣賞が授与され、ただ楽しむ花火大会という側面だけでなく、全国の花火師たちの目標にもなっている大会です。
競技は昼花火、十号玉、創造花火といった種目で争われ、いずれも高い技術と芸術性を持った日本最高峰の花火が楽しめます。
また、大会提供花火のワイドスターマインも見どころのひとつで、1年かけて製作するという花火の迫力は観るものを圧倒します。

大曲の花火は、夏以外にも「春の章」「秋の章」「冬の章」と題して年4回開催されていて、夏の競技大会に対して、他の季節はそれぞれ異なるテーマを掲げたこだわりの演出を加えるなどエンタメ性の溢れる花火が楽しめます。

大曲の花火「春の章」詳細はこちら▼
【準備中】

2.長岡まつり大花火大会(新潟県長岡市)

新潟県長岡市で毎年8月1日~3日に行われている「長岡まつり」。
3日間のうち、8月2日と3日の夜に開催されるのが「長岡まつり大花火大会」で、2夜合計約2万発、100万人もの人が訪れます。
長岡花火の歴史は長く、1879年に行われた花火大会が起源とされています。
年々発展を遂げていましたが、1938年から戦争により中止を余儀なくされ、太平洋戦争によって長岡は大空襲を受け町の8割が焦土と化してしまいます。
空襲の1年後、市民の心を慰め励ますため、現在の長岡まつりの前身である「長岡復興祭」が開催され、さらにその1年後から、犠牲者への慰霊、復興への祈り、恒久平和への願いを込めて花火大会が復活しました。

現在でも花火大会の前夜祭にあたる毎年8月1日の22時30分、長岡空襲が起きた時刻に慰霊のための真っ白な尺玉「白菊」が打ち上がり、鎮魂の願いを込め市内の寺院の鐘が鳴り響きます。
以来、「慰霊・復興・平和を祈る長岡花火」というテーマは脈々と受け継がれ、2004年の中越地震からの復興を願って始まった全長約2km、約5分間にわたって打ち上げられる「復興祈願花火・フェニックス」は現在でも大きな見どころのひとつです。

長岡まつり大花火大会では、花火玉の直径約90cm、開花幅が650mにも及ぶ長岡花火の象徴「正三尺玉」や、巨大ナイアガラ、超大型スターマインなど豪華絢爛な花火が次々と打ち上がります。
長岡や新潟ゆかりのドラマ「天地人」、映画「この空の花」、楽曲「故郷はひとつ」などの世界観やストーリーを花火で表現し、音楽とともに夜空に繰り広げる壮大な演出には心を揺さぶられずにはいられません。

3.土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)

日本三大花火大会の中では唯一、夏以外に開催されるのが「土浦全国花火競技大会」です。
茨城県土浦市で毎年11月の第1土曜日に行われ、例年75万人もの観衆が集まり、約2万発が打ち上げられる国内でも屈指の花火大会です。
1925年に土浦市にある神龍寺の住職が、航空隊殉教者の慰霊と関東大震災後の不況に疲弊した土浦経済の活性化のため、私財を投じて霞ヶ浦湖畔で行った花火大会が現在の土浦全国花火競技大会の起源とされています。

この大会の最大の特徴は、大曲の花火と同様に競技大会であることで、速射連発花火ともいわれるスターマインのテンポ感や音楽との相性など演出全般が審査対象になる「スターマインの部」、直径300mにもなる大輪の美しさを競う「10号玉の部」、斬新なアイデアや新しい技術が評価される「創造花火」の3つの部門があります。

最優秀賞として授与される内閣総理大臣賞を目指して、花火師たちが精魂込めて作り上げた技術の高い素晴らしい花火の数々が最大の見どころですが、他にも余興花火として多くの花火が上がり、特にワイドスターマインの「土浦花火づくし」は見逃せません。
土浦市制施行60周年を記念して始まった土浦花火づくしは、茨城県内の煙火店が技術の粋を結集して作り上げる花火で、打ち上げ幅500m以上にわたって2,000発以上が華麗に夜空を彩る大人気のプログラムになっています。

「日本三大競技花火大会」とは

「日本三大花火大会」とよく比較されるものとして、「日本三大競技花火大会」も挙げられます。
「日本三大競技花火大会」は、全国各地の花火(煙火)業者・メーカー290社が加盟する公益社団法人日本煙火協会が後援する花火大会で、日本全国の花火師が技を競う必見の花火大会になっています。

「日本三大花火大会」でもご紹介した、秋田県大仙市の大曲の花火、茨城県土浦市の土浦全国花火競技大会に加え、三重県伊勢市の「伊勢神宮奉納全国花火大会」を加えた3つの大会が「日本三大競技花火大会」と呼ばれています。

  • 大曲の花火(秋田県大仙市)
  • 土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)
  • 伊勢神宮奉納全国花火大会(三重県伊勢市)

まとめ

今では日本全国で行われている花火大会。
ぜひ、当サイトでお近くの花火大会や心惹かれる花火大会を調べて頂き、日本の「夏の風物詩」ともいえる花火大会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2024年3月5日